FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪をひいた日

本編・・・とはちょっと違う・・ってあかんやろ

やっと2-Bを制圧して学校征服もこれからだ!という時期に首領が風邪をひいた 「ご愁傷様です」
天美はとりあえず果物籠を持ってお見舞いに来た、しかし他にお見舞いに来るものもおらず
相変わらず寂しい拠点である
「2-Bの奴等め・・・我が配下になったというのに首領を敬んとは・・・ゲホッ」
「そりゃ、今のところはまだ彼女らに何かした訳でもないですし」
そういって黙々と林檎をむく天美、なかなかに器用なものでちぎらずに皮を剥ききり
兎さんにまで仕上げた
「あ、風邪気味なら摩り下ろした方が良かったですか?」
「うむ、そこまで気遣いはいらぬ・・・」
そういってフォークで林檎を食べるレッドビーン、ちなみにレッドビーンとは偽名であり
本名は佐藤小豆という名である、小豆=Red beanというわけでそう名乗っている。
「作者ああぁぁ!!!何故それを今ばらすぅぅぅ!?!?ぐぇっほげほっ!」
・・・どうやら幻聴まで聞こえているようだ、悪の首領といえど不憫になる
「い、言いたい放題言いおって・・ぐふっ」
「ほらほら大人しくしてくださいよ・・・」
薬と水の入ったコップを渡す、それを受け取り飲み干す。
「後は横になってれば・・・ここ湯たんぽは無いのかな?」
「湯たんぽ・・・ああ、それなら」
上のほうを指差す、そこには棚があった
「う~ん、ちょっと届きそうに無いですね」
「飛べばいいだろう飛べば」
「う~ん・・・」
仕方あるまい、と彼女は大きく息を吸い込み膨れ上がった。
その瞬間後ろから謎のビームを浴びる天美
「はえ?」
その瞬間彼女の体は全身が金属のそれの光沢を帯び動かなくなった
メタル天美


っていうか鉄になった。
「よし・・・と」
重い体を持ち上げ鉄になった天美を運ぶ小豆。
その巨大な体にタオルを巻きつけ口からお湯を注ぐ。
こうして天美は巨大な湯たんぽとなった。
それを抱きうとうとする小豆、その暖かさに悪の理性を忘れ本能に任せ眠りに付く。
・・・・
・・・
・・

が、1時間ほどで中の湯が冷めベッドから蹴り落とした。

次の日
「ぶえっくしゅん!!」
冷たい水が入ったまま一晩過ごした天美は見事に風邪をひいた。
小豆はすっかり治った。
「作者め・・・もうレッドビーンと呼ぶ気がないな・・・♯」
「つうかなんで私が~?ふぇっくしゅん!!」


・・・さてこれは金属化なのか膨体化なのか
とりあえず俺は膨体に無限の可能性を見出すつもりなのでこういう風なのも増えてくと思います
スポンサーサイト

コメント

寒い日に湯たんぽは欠かせない…

こんばんわ~!
これはかわいい湯たんぽですね♪
でもちょっと大きすぎるような?抱き枕ならぬ抱き湯たんぽ!?
それにしてもレッドビーンが小豆とはww
Dは餡子の和菓子とか大好きなので、似て半分液体化させて食べちゃうかもw(ぉ
ではでは~♪

コメントどうもですww
>究極のD@Blue+Bloodさん
小豆はあくまで名前だけなので天美になって貰いましたのでww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marumarusuki.blog35.fc2.com/tb.php/10-24bf8460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

飛々

Author:飛々
膨体(体がまん丸に膨らむ)の
女の子をこよなく愛する
阿呆でございますw

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。